ワードプレステーマを変更してウェブマスターツールが確認されなくなった問題を解消

どうも、ウタです。ウェブマスターツールの登録方法でちょっと手こずりました。というのも、以前まではsimplicityというテーマ(初心者にはおすすめ)を使用していて、それだとウェブマスターツールの登録が「カスタマイズ」からカンタンにできるんですよね。

ですが、本ブログのテーマをアフィンガーに変えてまた登録しないといけなくなりました。ここから再度登録したことがなかったので、インターネットで色々と調べながらやってみたらできました。

というわけで、今回は私の忘備録です。でもWordPressを始めたばかりの人だと、たぶん悩んでる人多いはず。

※現在では「サーチコンソル」という名前ですが、以前の名前「ウェブマスターツール」で説明していきます(なんとなくしっくりくるから)。

ウェブマスターツールへ

ウェブマスターツールはすでに登録していたので、まずは自分のウェブマスターツールへログインしましょう。※登録をしていない人は「ウェブマスターツール 登録」などと検索すればうじゃうじゃ良記事が出てきます。

ウェブマスターツール

そうするとこんな画面が出てくると思います。

13

自分のサイトのURLをクリックします。そして、右上の「設定」へ行き、「確認の詳細」をクリック。

14

15

私の画面はすでに登録を終了しているので、「確認済み」となっていますが、確認されていない人は「確認の詳細」をクリック。

9

色んな確認方法がでてきますが、この「HTMLファイルをアップロード」が1番カンタンだと思います。なのでこれにチェックマークを入れましょう。

10

そうするとこんな画面が出てくるので、「HTML確認ファイル」リンクを押して、ファイルをPCにダウンロードします。完了したら、「google〜」みたいに数字が羅列したファイルがPC上に表れます。

※この画面は後から使用するので閉じないでください

このファイルを自分が使用しているサーバーにアップロードすれば終了です。私の場合はエックスサーバーを使用しているので、そのの管理画面からアップロードすることにしました。

エックスサーバー管理画面へ

エックスサーバーの管理画面へ行くためにログインをクリック。

※エックスサーバーを使用していなくても、ファイルをアップロードする場所は同じなので参考になるかと思います。

0

1

ログインするとインフォパネルへ行き着くので、サーバーパネルの「ログイン」をクリックする。

FTPアカウント設定をクリック

サーバーパネル画面が出るので、「FTPアカウント設定」をクリックする。

※FTPアカウントの設定はこちらから
参考エックスサーバー マニュアル | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

2

自分がウェブマスターに登録したいサイトのURLを「選択する」

4

FTPアカウント設定画面になるので、「ログイン」をクリック

5

WebFTP画面が出てくるので、サイトURLのフォルダをクリック

6

「public_html」をクリック

7

public_htmlに入ったら、「ファイルを選択」して、さきほどウェブマスターツール画面でダウンロードした「google〜〜」というファイルをアップロードします。

8

このようにアップされてたら、あともう少しです。

先ほど開いたこちらの画面にもどりましょう。

12

「3」のURLをクリックした後、「確認」ボタンを押します。そうすると、完了画面が出てきます。これで終了です。お疲れ様でした!

スクリーンショット 2015-11-01 10.44.36

おわりに

これでウェブマスターツール(サーチコンソル)で解析しまくることができますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です