キーワード選びばかりじゃない!ブログを楽しく続けるために必要なこと

インターネットを探せば、アクセスアップの方法についての情報はいくらでも出てきます。書きたいテーマについてのキーワードをGoogleキーワードプランナーで調べて、検索ボリューム数を見て、関連キーワードについて・・・などなど。

確かに、ブログを集客に使うなら有効な方法です。Googleが「役に立つ記事を上位表示するよ」と言っているので、間違いありません。それが現時点での正解ですし、私自身もやっています。

たまには感覚的に書く

だけど、キーワード選びってずっとやってたら疲れません?

それにキーワード選びで消耗していては、いつまでたっても記事は完成しないし、何よりもメンタル的につらいです。よくいるじゃないですか。「何をするのにも調べすぎて、いつまでたってもスタートできない」人って。そういった性格の人はもう感覚的に「バーッ」と書いてしまいましょう。

たまにはキーワード選定なんて気にせずに、のんびり書けるのもブログのメリットです。私がオススメするのは、「生産スピードを上げるための記事」と「SEOを意識した記事」をバランスよく書くことです。

具体的に言うと、10記事中6記事を生産スピードを上げるための記事。残りの4記事をSEO向けの記事にしていいかなと思います。平日は短めで生産スピードを高めるための記事を書いて、週末はじっくり考えて検索流入狙いの記事を書くみたいにしてもいいかもしれません。

なんにせよ、ブログはとにかく書くことが重要です。初心者であればなおさら。

私は別のブログ(月間90万PV)を運営していますが、もちろん開始当初は「SEO?何それ?」の状態なんですよね。もうそりゃ探り探りでやってましたよ。正直、今でもSEO向けの記事なんて完璧に作れる自信はありません。それでも月に30万円の利益くらいは出せるようになりました。自慢ではありませんが、誰でもそれくらいいけるのが普通だと考えていいかと思います。

最初は支離滅裂な記事ですが、書いていくうちに、数をこなしていくうちにやっぱりだんだんと上手くなっていくもんなんですよね。人間って。

読者はあなたの個性に惹かれる

もしあなたが「人気ブログを作りたい」と思っているなら、個性を出すのを意識しましょう。

PVを集めているブログはどれも、個性丸出しのブログばかりです。当り障りのないブログに人は集まりません。例えば、私が尊敬している、マーケティングコンサルタントの永江さんの「More Access! More Fun! | 永江一石のITマーケティング日記」。

マーケティング、政治、経済など、とっつきにくいテーマに対してするどいツッコミを入れています。そして、ツッコミを入れるだけでなく、「じゃあそれを改善/良くするにはどうすればいいか?」というところまで提案しているのがこのブログの個性です(ほんとはもっとありますが・・・)。

最後に

ブログに「こう書かなければいけない」というルールはありません。「アクセス」や「PV」という言葉に振り回されるのではなく、自由に書いていけばいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です