すぐに慣れる!「トラックボールマウスM570t」は最高におすすめ

ロジクールトラックボールマウスM570t

「トラックボールマウスを使ってみたいけど、ボールの操作に慣れることができるか不安すぎる。投資の価値があるのだろうか・・・?」

私が、トラックボールマウスを購入する前に思っていたことです。

結論からいうと、買って大正解でした。「なんでもっと早く買わなかったんだ」と後悔すらしています。全人類がこれを導入したら、どれだけ幸せになれることか・・・。


私が使用するのは、ロジクール「トラックボールマウス M570t(無線タイプ)」。

この記事では、トラックボールマウスを毎日使う私が、良い点・不満な点を包み隠さずお伝えします。類似製品との比較もしているので、購入前の参考になれば幸いです。

それではどうぞ!

トラックボールマウスを使いこなせるか不安だった

トラックボールマウスを使う前、職場の同僚に使わせてもらったのですが、「これはかなりクセのあるマウスだな」というのが第一印象でした。正直、あまり良い印象はありませんでした。

しかし、独立を機に家で仕事をし始めたところ、当時使用していた机が小さく、マウスを動かせるスペースがないために困っていました。

そこで、トラックボールマウスの存在を思い出します。「そういえば、あれ(トラックボールマウス)はスペースいらないんだっけ…」

だいぶ悩みましたが、「ダメならメルカリで売ればいいや」と購入し、しばらく使った今、もう絶対に手離せなくなりました。これじゃないとダメです。

ボールを回すことでカーソルを移動できるので、手首がまったく疲れません。
気にしていた「慣れ」の問題ですが、1時間も使ったら慣れたので、ムダな心配に終わりました。

次からは、トラックボールマウスの良い点(ベネフィット)を挙げていきます。

トラックボールマウスの良い点

手首を動かさずに画面全体をカーソル移動できる

トラックボールマウスでは、その名の通り、ボールを動かして操作をします。
つまり、通常のマウスを使うように、スペースが必要なくなるのです。これはイノベーションですね…

机の上が散らかっていても問題なし。トラックボールを動かせばいいだけ。
カフェやコワーキングスペースなど、限られたスペースで仕事をするときも、へっちゃらです。何なら、膝の上でもマウス操作ができてしまいます。

マルチディスプレイを採用している人は、画面間のカーソル移動が爆速になりますよ。

Bluetooth接続で遅延を心配するかもしれませんが、ほとんど問題なし。1ヶ月に数回、Bluetoothがおかしくなりますが、後述する「トラックボールのお掃除」をすればすぐに解決します。

人間工学にもとづいた、手首に優しいデザイン(らしい)

ロジクールのトラックボールマウスは、正面から見ると少し斜めに設計されています。
手を置くと、こんな感じで斜めになります。

ロジクールトラックボールマウスM750t 手首に優しい

人間工学とやらはよく知りませんが、これが最高に楽なんです。
「ああ、人間の手って、本来はこうやって置いたほうがいいんだな」と思いますね。

「戻る」「進む」が人差し指で完結する気持ちよさ

戻る、進むボタンが人差し指で完結する気持ちよさ

トラックボールマウスには、2つのボタンがついています。これらを「進む」「戻る」に設定しておけば、インターネットサーフィンがとても渋るんです。

以前のページを表示するために、わざわざウェブブラウザの矢印ボタンまで戻ってクリックする必要がなくなります。

カーソルを矢印に合わせてクリックするのに3秒かかるとしたら、長い期間でみると膨大な時間になりますよね。

私は仕事でインターネットを毎日使用するので、この時間を短縮できるのは嬉しいかぎり。Google Chrome、Safariでも問題なく使用できます。

極端な言い方ですが、「人生の時間が増えている」といっても過言ではないでしょう。

ワイヤレスレシーバーをマウスの中に収納できる

ワイヤレスレシーバーをマウスの中に収納できる

なんですか、このユーザー目線は…。

トラックボールマウスの中には、Bluetooth受信機(レシーバー)を収納できるスペースがあります。

私は物をなくしやすい性質があるため、これは本当に助かります。こんな設計にしてくれた開発者には感謝!

Macでも使える

Macユーザーの私としては、これがかなり嬉しい。Appleは純正品以外だとあまりうまく動作しない印象があるんですよね。

でも、そんな心配は杞憂に終わりました。私はこれまでいろんなMac製品を使用してきましたが、カーソルの遅延なく使用できます。記事執筆現在、「MacBook Pro 2018」を使用していますが、こちらも問題なし。

ボタンのカスタマイズも可能

トラックボールマウスでは、ボタンに動作を振り分けることができます。

ウィンドウズユーザーからすると当たり前だが、Apple純正品などではカスタマイズがあまりできないことが多いんですよね。

電池1本で1年半使える

トラックボールマウスは、単三電池1本で、1年以上使うことができます。

私が驚いているのは、スイッチをオンにしたままで放置しても1年以上電池が持つということ。

私はめんどくさがりな性格なので、ボタンを常に「オン」にしていますが、1年以上バッテリーが続きます。なんちゅう省エネ。

めんどくさがりな私でも、1年に1回、乾電池を交換するくらいなら手間には感じません。「ちょっと反応が悪くなってきたかな?」と思ったら電池を交換すればいいのはとても楽です。

使っていて不満な点

「ロジクールトラックボールマウス M570t」の、イマイチな点も正直にお話しておきます。

USB接続端子がひとつ占領される

USB端子が占領される

私にとって、これがもっともイマイチな点です。

ロジクールマウスを使うには、Bluetoothのレシーバーをパソコン側に接続する必要があります。つまり、パソコン側のUSB端子が一つ占領されてしまう

Apple純正品の「Magic Mouse」や「Magic Trackpad」なら、レシーバーが必要ないのですが…。

イマイチというより、仕様の問題なので仕方ないのかもしれません。レシーバーなしでも使えるようになれば、いよいよ最強です。

たまに調子が悪い日がある

1ヶ月に2〜3日くらい、カーソルの動きが悪くなる日があります。

トラックボールを取り外して、ゴミのお掃除をすると直るのですが、これが案外めんどうです。

定期的にボールまわりの掃除をしなければならない

ボール周りを掃除する必要がある

トラックボールマウスは、ボール周りを定期的に掃除しないと、ボールの滑りが悪くなります。ボールを使っている以上しょうがないのかもしれませんが、改善して欲しい点のひとつです。

有線タイプがない

今は無線の時代ですが、やはり有線の安定感が欲しいという人もいるのではないでしょうか。


さて、ここまで不満な点をお話しましたが、これらを差し引いても、トラックボールマウスの使い勝手が最高なのでしばらくはトラックボールマウスを使い続ける予定です。

Appleが純正のトラックボールマウスを開発してくれたらいいのですか…。期待はできません。

【比較】類似品とはどう違う?

私が購入の際に比較した製品は次の3点でした。

  1. 見た目がほぼ同じ「SW M570」
  2. ハイエンドモデル「MX ERGO」
  3. エレコム

SW M570

「SW M570」との違いはまったくわからず、「高いほうがいいだろう」という勝手な思い込みで「M570t」を選択しました。わずか数千円の違いなので、安物買いの銭失いはしたくなかったので。

ハイエンドモデル「MX ERGO(MXTB1s)」

同じくロジクールのトラックボールマウス、ハイエンドモデル。

「M570t」は乾電池タイプなのに対して、「MX ERGO」は充電タイプ。公式によると、バッテリーは4ヶ月続くとのこと。

乾電池タイプの「M570t」は1年以上長持ちするので、どちらが自分にとって便利なのかじっくり考えるべきですね。

Amazonの口コミを見る限りでは、「使い勝手に大きな違いはない」という声が多いです。むしろ、「M570tのほうが使いやすい」というコメントすらあります。

ただこれ、レシーバーがいらずにMacBook Proで使えるのがかなり良いですね…。レシーバーがあるとどうしても接続が途切れることがあるので、予算があるならこっちのほうがいいかもしれません。

エレコムなど他メーカーとの比較

ロジクール以外にもエレコムなどがトラックボールマウスを販売しています。しかし、トラックボールが人差し指に設置されていたり、ボールの動きが全然なめらかじゃなかったり。

店頭でも触りましたが、大きすぎて逆に机のスペースをとるので、私には合いませんでした。ロジクールの感触がもっとも良かったので、ロジクールに決定となりました。

どんな人におすすめしないか

  • パソコン側のUSB端子をひとつ占領されたくない人
  • Magic MouseやMagic Trackpadを使用し、慣れている人

AppleのMagic TrackpadやMagic Mouseに慣れている人は、たまに起こるBluetooth接続の遅延が気になるかもしれません。

どんな人におすすめか

  • パソコンを使っていて腱鞘炎になったことがある人
  • Magic Trackpadを使っていて腕が疲れる
  • マウスを置くスペースがない
  • マウスを使っていて手が疲れる

私は俗に言う「Apple信者」ですが、Magic Trackpad2よりもトラックボールマウスが圧倒的に好きです。というか、Magic Trackpad2は使いにくすぎて、返却しました。

Magic Trackpad 2 レビュー:万人にはオススメできない理由

他のマウスにはもう絶対に戻れない

ロジクールトラックボールマウスM570t

まとめると、トラックボールマウスは手首がまったく疲れず、トラックボールで高速にカーソル移動ができ、戻る進むボタンがあるのでブラウザ移動も爆速になります。

ネットを調べると、口コミも良好。

「ロジクールトラックボールマウスm570t」は1年半使用していますが、今後も使い続けるつもりです。

「仕事で毎日使うアイテムには投資すべき」と思わせてくれるマウスです。

▼購入はこちら