実際にどんな写真が撮れる?iPhone8plusカメラの画質を写真20枚で確認

ポートレートモードで撮影した桜

スマホメーカーは、カメラの品質を「〜万画素!」などと宣伝しますが、素人にとっては画素数なんてどうでもいいんですよね。よくわかりませんし…。

実際にどんな写真が撮れるのか?
それは素人目で見て、満足のいく写真なのか?

ということが知りたいだけです。

AppleはiPhone8Plusで撮影した写真をホームページに載せていますが、すべてプロが撮った写真です。iPhoneをたくさん売るため、写真をキレイに撮るのは当たり前。素人があのような写真が撮れるかというと、そうではありません。

そこで今回は、写真ド素人の私が、iPhone8Plusで撮影した、何気ない日常の写真を加工なしで紹介します。
(※iPhoneの写真はサイズが大きいため、小さくリサイズはしています)

「iPhone8Plusで実際にどんな写真が撮れるの?」と疑問に思う方の参考になれば幸いです。

先に結論を言うと、インスタグラムやメルカリ、ブログなどで映える、とてもキレイな写真が撮れますよ!

Coco

最新テクノロジー、素晴らしい…!

食事編

ランチのステーキです。みずみずしい感じが表現されています。

食事

ちょっとオシャレなプレートランチです。店内は暗かったのですがまぁまぁ明るい感じに撮れています。

お子様セット

お子様セット。

コーヒーもおしゃれに撮影できる

「ポートレートモード」で撮影すると、普通のコーヒーもおしゃれに撮影できます。これはインスタで映える!

サプリメント

サプリメントのパウダーもきめ細かく撮影できています。ブログ用の写真でも十分なクオリティ。

お出かけ編

ポートレートモードで撮影した桜

「ポートレートモード」で撮影した桜です。後ろのボケ感、桜の綺麗さに感動しました。

ポートレートモードで撮影した桜

桜の接写をもう1枚。iPhone8Plusを縦にして、「ポートレートモード」で撮影しました。インスタグラムで映えそうな写真ですね。

蹴上インクライン

京都の「蹴上(けあげ)インクライン」という観光スポットです。こちらもインスタ映えしそう。

南禅寺の水道橋

京都の「南禅寺」という観光スポット。いい雰囲気で撮れています。

そこら辺の木々

近くの公園で撮影した木々です。全体的にとても鮮やかですね。

公園

何気ない公園でも良い感じ。

公園にいた野良猫の写真

公園にいた野良猫をポートレートモードで撮影してみました。ボケ感が出ることでグッと臨場感が出ますね。

道端に生える草ですら雰囲気を盛れる

道に生えてたそこら辺の草ですら、ポートレートモードを使うと良い感じの雰囲気が出ます。

イチゴ狩り

いちご狩りハウス

イチゴ狩りのハウスを全体的に撮影。

いちごを撮影

ポートレートモードではなく、普通に撮影しても中央のイチゴにピントが合っています。

複数のイチゴ

複数のイチゴを撮影。こちらもポートレートモードではありませんが、5つのイチゴをグループとしてピントをとらえています。

ポートレートモードで撮影したイチゴ

ポートレートモードで撮影したイチゴ。みずみずしさが表現できていますね。

ポートレートモードでイチゴを撮影

こちらもポートレートモードで撮影。ボケ感がとても強く、イチゴが強調されています。インスタグラムに載せたらたくさん「いいね」がもらえそうです。

物撮り編

Tシャツ

メルカリ用の写真もキレイに撮れます。

タグの接写の質も良い

タグを近くで撮ったとき。細かいところもくっきり見やすいです。

インスタグラム、メルカリ、ブログに使えるクオリティ

今回紹介した写真はサイズが大きすぎるため、軽くするためにアップロード時に画質を落としています。つまり、iPhone8Plusで撮影した写真は、クオリティがさらに高いということです。

素人からすると、非常にキレイな写真に見えますよね。
インスタやメルカリに使うくらいなら、十分すぎるクオリティと言ってもいいでしょう。

iPhone6を使っている奥さんに写真を見せると、「こんなにキレイに撮れるん!?すごいな」と驚いていました。自分が何かすごいことをしたわけでもないのですが、とりあえずドヤ顔をしておきました。

Coco

ここでは載せていませんが、子どもの写真がとてもキレイに撮影できるのが1番嬉しいポイントです!