HHKB Proを3日使っての不満:使いにくい。慣れる気がしない

ライターやプログラマーから大人気のHHKB(ハッピーハッキングキーボード)。

  • タイピングが最高にやりやすい
  • 指や手首が疲れない
  • 爆速タイピングができる

など、あらゆるレビュー記事で絶賛されています。
その評判を信じ、HHKBの「英語配列、USB版、墨色、刻印あり」を購入しました。

3日使ってみて、正直な感想を書きます。

結論からいうと、

使いにくい!慣れない!!

まだ3日しか使っていないのもあるのでしょうが、タイピングミスが多くなります…。

この記事では、「HHKB Professional 2 の使いにくい点」をレビューします。購入の参考になれば幸いです。

私の使用環境

私の使用環境をシェアしておきますね。

  • MacBook Pro 2018
  • 第3世代バタフライキーボード
  • Magic Keyboard2 からの乗り換え
  • USBハブをMBPにつなげてHHKBを使用

墨色は刻印が見えにくい

刻印が見えにくい

クールだったのと、白は汚れが目立つと思ったので墨色を選択しました。たしかに、黒というよりは「墨色」で、めちゃくちゃかっこいいです。

しかし、キーボードの刻印が見えにくい…。キーボード表面の文字はまぁまぁ見えますが、部屋の電気をつけないと、側面の印字はほぼ見えず、キーボードに顔を近づけて確認する必要があります。上記の写真ではストロボライトを使用しているためよく見えますが、実際は見にくいです。

慣れたら問題ないのでしょうが、HHKBはキーボード配列が特殊なので、タイピングミスをしてしまうんですね。ミスを防ぐために目線をいちいちキーボードに落とす必要があり、効率が落ちます。

高いキーボードだったのにこれはショックでした。

DELETEボタンの場所を間違える

DELETEボタンを間違える

DELETEボタンを間違えて打ってしまいます。DELETEボタンの場所が通常の英語配列キーボードと違って、リターンキーの上にあります。

慣れたら指をそれほど動かさずにDELETEボタンを押せるので、これはこの場所が正解なのでしょう。しかし、使用3日の時点では、書いた文字を間違えて消してしまう事案が多数発生…。

つらい。

タイピング音:うるさくはないが、静かでもない

HHKBをタイピングしていると、カチャカチャと音が鳴ります。

自宅で使うならいいですが、職場で隣の人にHHKBを使われたら、神経質な私は耳栓をしたくなるレベル。めちゃくちゃうるさいわけではありませんが、静音ではありません。

パンタグラフキーボードでキーストロークが高いので、多少の音はしょうがないのかも。Magic Keyboard2のほうがはるかに静音です。

同じHHKBの「Professional type−s」なら音は少ないようですね。そっちを買えば良かったかな…。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS
PFU (2011-06-15)
売り上げランキング: 5,312

打鍵感は思ったより良くない

打鍵感は思ったよりよくない

意外だったのが、それほど打ちやすく感じないこと。店頭で試したときは「なにこれすげぇぇぇ!」と感じたのに…。

たしかに、いろんなレビュー記事で書いてある「スコスコ、ポコポコ、コトコト」という感じの音はします。

でも、今までAppleの「Magic Keyboard 2」に慣れすぎていたせいか、キーストロークが高く感じてしまって、打ちにくい…。キーストロークが高いと指を高く戻して次のキーを打たなければならず、前腕の筋肉が疲れます。

これも慣れの問題なのか?

十字キーがない不便さ

十字キーがない

HHKBの英語配列には、十字キーがありません。Fnキーを押しながら、他のキーを打つことで十字キーの動作ができます。

これがかなり面倒です…。特にライティングやプログラミングをしていると一文字前に戻ることや、一文字ぶんだけ前に進みたいことはたくさんあるんですよね。

それをいちいち小指でFnキーを押して、次のキーを押して、となると本当にめんどくさい。JIS配列を買えばよかったかも。慣れるしかないんでしょうけど、慣れるまでのハードルが高いですね。

パームレストは必須。手首や前腕が疲れる

HHKBは昨今の薄いキーボードとは正反対で、高さがあります。

HHKBは高さがある

普通に使っていると、手首をかなり反らさなければなりません。疲れます。はじめて使ったとき、前腕の筋肉が吊りそうになってMagic Keyboard2 に戻しました。

HHKBを使うなら、パームレストは必須です。デスクが狭くなるので使いたくなかったのですが、前腕がどうにも疲れるので、泣く泣くパームレストを買いました。

パームレストがないと疲れる

エレコムのリストレスト自体は安いしHHKBの高さにぴったりなのでオススメです。

エレコム リストレスト 疲労軽減
エレコム (2006-10-14)
売り上げランキング: 1,553

パームレストが必須ということは、HHKBを持ち出すときにパームレストも持っていかなければなりません。荷物が増えます。

まとめ:慣れないけど、もう少しだけ使ってみる

以上、「HHKB Professional2 英語配列」を3日使用してのレビューでした。

今のところ、「まだまだ最高のキーボードとは思えていない」のが正直なところです。

しかし、いろんなレビュー記事では「最初は使いづらく感じる」「慣れるほど離れられなくなる」という声も。
HHKB先輩方の言葉を信じ、もう少しだけ使ってみたいと思います。

▼HHKBについての関連記事

HHKBはBTかUSB、どちらを選ぶべきか?私がUSBを選んだ理由

▼Macユーザーなら、Magic Keyboard 2 もおすすめです

バタフライキーボードで指が痛い人は、マジックキーボード2を使うと幸せになれる

▼私が購入したタイプはこちら

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 墨 英語配列 静電容量無接点 USBキーボード Nキーロールオーバー UNIX配列 WINDOWS/MAC両対応 ブラック PD-KB400B
PFU (2006-03-23)
売り上げランキング: 8,998

▼墨、BT版、日本語配列

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
PFU (2016-04-12)
売り上げランキング: 4,419

▼白、USB版、日本語配列

▼白、BT版、日本語配列

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/白 PD-KB620W
PFU (2017-07-14)
売り上げランキング: 9,651