HHKBの種類を比較!使用者が選び方をご紹介

HHKB

プロ御用達のキーボード、「HHKB(ハッピーハッキングキーボード)」は、種類がたくさんあり、どれを選べばいいかわからない。

HHKBを選ぶ際に困ったので、この記事では、HHKBの種類とそれぞれの特徴を解説します。

エントリーモデル

HHKB Lite 2

HHKBを使ってみたい初心者向けの商品。英語配列と日本語配列(かな無刻印モデル)があります。

「日本語配列かな無刻印モデル」は、キーボード表面に日本語が表記されておらず、英語のみ記載されています。たしかに、日本語配列モデルでもローマ字入力しかしない人は、日本語表記は必要ありませんよね。

▼種類

ひとこと

誰でも使いやすいように設計されいている、エントリーモデル。残念ながら、かな入力派の人には向いていません。

HHKB Lite for Mac

「HHKB Lite 2」のMacバージョン。Mac系のキーボードに刻印されている「⌘」が記載されています。Macユーザーが使いやすい商品です。

こちらもLite2と同じく、日本語配列かな無刻印モデル。つまり、かな入力をしたい人には向いていません。

▼種類

ひとこと

MacユーザーのためのHHKBという感じ。

ハイエンドモデル 中級者〜上級者向け

HHKBのラインナップは、ここらへんから少しややこしくなってきます。

エントリーモデルとの大きな違いは、「コトコトコト」といった心地よい打鍵感や、跳ね返りのあるキータッチで高速タイピングが可能になる点です。

HHKB Professional2

私が使用しているのはこちら。

エントリーモデルよりも打鍵感がはるかに向上し、指への疲労が減ります。コトコトコト、ポコポコポコといった心地よい打鍵感は、あらゆるプロが大絶賛しています。

特徴としては、十字キーがない点です。Fnキーを小指で押しながら、他のキーを押すことで十字キーを使用できます。十字キーがないぶんスッキリしていますが、慣れるまではちょっとツラい…。

▼種類

  • 英語配列(墨)
  • 無刻印モデル(白)
  • 無刻印モデル(墨)
  • 接続:USB
  • 色:白、墨
  • 価格:29,700円
ひとこと

キー配列が独特ですが、ガチのプログラマーさんに言わせると「このキー配列が正解」だそうな。私はそこまでコードを書かないので、日本語配列(下記)でも良かったかも。

HHKB Professional JP

「HHKB Professional 2」の日本語配列(かな無刻印)バージョン。打鍵感やキーストロークの高さは同じです。

日本語配列なので、十字キーがあります。大きな違いは英語配列か日本語配列かだけ。

▼種類

ひとこと

HHKB Professional2の日本語配列バージョン。使ってみた感想としては、ライターさんに向いた機種だと思いました。

HHKB Professional BT

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
PFU (2016-04-12)
売り上げランキング: 4,756

「HHKB Professional 2」のBluetoothモデル。ワイヤレスで使えて、ケーブルレスになりデスクまわりがすっきり。ペアリングは4台まで接続可能。Mac 、iOS、Androidで使用できます。

電池持ちは1〜2ヶ月。給電用コード(USB Micro-B)がついているので、コードをつなげば電池を消耗せずに使えます。

▼種類

ひとこと

Bluetoothはたしかに便利ですが、「接続がぶつぶつ途切れる」というレビューが非常に多いんです。これが決め手となり私はUSB版を選びました。

HHKB Professional2 Type-S

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 英語配列/白 PD-KB400WS
PFU (2011-06-15)
売り上げランキング: 5,947

Professional2が静音化し、キーの高さが少し低くなったモデル。キーストロークが低くなったぶん、流れるようにタイピングできるため、高速タイピングが可能になります。

HHKBのType-SはAmazonのレビューもかなり良く、

・「どんなに文字を打っても疲れない。高速で打てる」
・「とても静か。子供が寝ている横でも安心して使える」

と大絶賛されています。

たしかに、「HHKB Professional 2」だと、カチャカチャ音が多少鳴ります。私なら、カフェで隣の人がHHKB Professional2を使っていたら、席を移動するかも。

墨色がなく、白だけなのがちょっと残念。

▼種類

ひとこと

次はこれを買ってみようかと検討中。HHKB Pro2に満足していますが、キーストロークが少し高い気がするんですよね…。

毎日使うキーボードには投資をしよう

HHKBを検討しているという時点で、あなたは人よりパソコンに詳しいはず。プログラマーやライター、ブロガーなど、毎日たくさんタイピングをしなければならない人でしょう。

HHKB使用者の私としては、圧倒的にハイエンドモデルをおすすめします。

というのも、エントリーモデルを使ったところで、結局はハイエンドモデルを使いたくなるからです。

それに、HHKBを検討しているなら、心地よいキータッチや打鍵感を求めているはず。実際に電気屋さんで確認しましたが、エントリーモデルよりも、ハイエンドモデルのほうが圧倒的に打ちやすかったです。

毎日使うつもりのキーボードなら、多少高くても投資すべきだと私は思います。

次におそらく悩むのが、「BTモデルかUSBモデルか」だと思うので、選び方の参考になる記事を書きました。どうぞご覧ください。

HHKBはBTかUSB、どちらを選ぶべきか?私がUSBを選んだ理由