Apple Watch:現在地の天気(純正アプリ)が表示されないときの解決法

天気アプリの現在地を表示する方法

Apple Watchを使っていて、天気アプリ(アップル純正)で、現在地の天気が表示されないときの解決方法を紹介します。

結論から言うと、私の場合はApple Watchを再起動することで解決しました。

解決方法
  • Apple Watchの電源を落とし、また起動する
  • iPhoneのApple Watchアプリで調整を加える

解決のための具体的な手順を紹介します。

Apple Watchの電源を落とし、起動する

まず、iPhoneではなくApple Watchの電源を落とし、また起動します。私の場合、iPhoneを再起動する必要はありませんでした。

Apple Watchを再起動する方法は2つありますが、次の方法をまず試してください。

Apple Watchを再起動する方法1
  • サイドボタンを長押し
  • 「電源オフ」を右へスライド(電源が落ちる)
  • デジタルクラウンを長押しして電源をつける

Apple Watchを再起動する

Apple Watchの電源OFF

これで、Apple Watchの再起動ができたはずです。

純正の天気アプリで、現在地の天気が表示されているか確認してください。

関連:Apple Watch 電源を落とす・再起動をする方法

上記の方法でも解決できなかった場合に試してほしいこと

上記の方法でも解決しない場合は、次の2つを試してみてください。

  1. Apple Watchを再起動する(方法2)
  2. iPhoneから天気アプリの現在地の登録地を一時的に変更する

上記の再起動と何が違うかというと、こちらの方法は、Apple Watchが固まって動かなくなったときなどに採用する方法です。

Apple Watchを再起動する方法2

  • デジタルクラウンとサイドボタンを10秒以上長押しする

サイドボタンとデジタルクラウンを長押しする

Appleのロゴが何秒間か表示され、電源が落ち、Apple Watchが再起動します。

iPhoneからApple Watchアプリを開く

その後、iPhoneからApple Watchアプリを開き、天気アプリの設定をします。

(Apple Watchアプリ>天気アプリ)

こんな画面が表示されるので、「現在地」をタップ。

私の場合、都市を複数登録しています。していない場合は適当でいいので、別の都市を今だけ登録し、それをデフォルトにします。

次のように、「他の都市」をデフォルトとして一旦登録してください。

その後、また「現在地」をタップし、チェックマークがついた状態にします。

これで、Apple Watchを確認してみてください。おそらく、Apple Watchに現在地の天気が表示されているはずです。

おつかれさまでした。

これでも解決しない場合は、Appleのカスタマーサポートへ問い合わせをしてみましょう。中身の故障かもしれません。

>> Apple カスタマーサポートへ