Apple WatchからWi-Fiに接続する方法

アップルウォッチ側からWi-Fiに接続する方法を解説します。

iPhoneがWi-Fiに接続していれば、アップルウォッチは自動で接続する

そもそもですが、アップルウォッチを購入したときに、iPhoneとペアリングをしていれば、自動的にそのWi-Fiに接続するようになっています。

アップルウォッチでWi-Fiにつなぐ手順

1)iPhoneでWi-Fiをオンにする

iPhone側からWi-Fiをオンにする

2−1)アップルウォッチ側からWi-Fiに接続する

アップルウォッチからWiFi接続をオンにするには、2つの方法があります。
最も簡単なのはアップルウォッチのホーム画面から、下から上にかけてスワイプする方法です。

  • 1:アップルウォッチのホーム画面下から上にスワイプする

Wi Fiを選択する

  • 2:Wi-Fiマークをタッチしてオンにする

Wi Fiをオンにする

2−2)設定画面から wi-fi に接続する方法

  • 「設定」>「一般」>「Wi-Fi」>Wi-Fiマークをオンにする(緑マークになればOK)

設定を選ぶ

一般を選ぶ

Wi Fiを選ぶ

Wi Fiのチェックマークをオンにする

Wi Fiの名前を選択する

なぜアップルウォッチでWi-Fiに接続する必要があるのか?

アップルウォッチに使用したいアプリをインストールするときや iPhone側の情報をアップルウォッチに表示するために使用します。

(例:iPhoneに来たLINEメッセージをアップルウォッチで確認するときなど)

ただ、アップルウォッチは自動的にWi-FiやBluetoothに接続してくれるので、ほとんどの方がこの作業をすることはあまりないかと思います。

Wi-Fi環境下ではない場合、アップルウォッチは自動的にBluetooth接続に変わり、iPhoneと接続します。Appleによると、環境に応じてアップルウォッチはバッテリーを節約する最善の接続方法を選んでくれるとのこと。

以上、「Apple WatchからWi-Fiに接続する方法」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です